二次会 景品

結婚式等で二次会を開催する場合、ビンゴなどのゲーム大会で景品を用意することも多いでしょう。こうしたゲームが盛り上がりを見せるかどうかは、ゲーム自体が楽しめるものかどうかも関係がありますが、景品の良し悪しも非常に関係があります。そのため主催者は誰もが喜んでくれる景品を選ばなければならないのです。しかし、実際に二次会に出席してくれる人の年齢や趣味嗜好はさまざまである場合がほとんどです。そのため誰からも喜ばれる景品を選ぶのは非常に難しいものです。そのためどんな景品にするかを決める場合は安易に自分だけの好みで決めてしまわず、複数人で相談しながら決めていくと良いでしょう。また流行の家電等を景品にしてしまうとすでに持っているという場合もあるため、便利だけど自分ではなかなか買わないというものを選ぶと喜ばれることが多いです。

実施に喜ばれる二次会の景品とは

結婚式等の二次会で、景品を購入する場合、喜ばれるものを選ばなければ二次会自体の盛り上がりに欠けてしまう恐れがあります。それではどんな景品が喜ばれるのでしょうか。例えばお酒の飲み比べセットがあります。当選した人が万が一お酒の場がない時でも、その家族や友人等で楽しむことができます。またカニやお肉などの食品も世代を問わず喜ばれることが多いです。飲み物や食品以外であれば、コーヒーメーカーやアイスメーカー、ヨーグルトメーカーといったキッチン家電が喜ばれることが多いです。こうしたキッチン家電はほしいけどなかなか自分では買わないという場合が多くためです。また王道の景品といえば、テーマパークなどの入場チケットもあげられます。こうしたチケットは人気が小さな子からお年寄りまで万人に喜ばれやすいです。

二次会の景品で多くの人に喜んでもらえるポイントとは

結婚式等の二次会で景品を用意する場合、もちろん多くの人に喜んでもらえたら主催者側としても嬉しいでしょう。そのために高価な景品を用意しなければと思う人もいますが、景品を購入する予算はどうしても限られてしまいます。いくら景品が高価で喜ばれるものでも景品が1つしかなければ1人しか当選することはできず、その他の多くの人が残念に感じてしまうものです。そのため予算から考えて、目玉となる景品を1つから2つ決め、目玉の景品より少しランクが下がるものを3つから5つ決めるといった具合に、景品のランクに違いを持たせながら景品を複数用意することでより多くの人が景品を手にすることができ、二次会に出席してくれた多くの人の満足度が増すことが予想されます。駄菓子などは非常に安いですが、景品が一つでも手にできればもらえたことに喜びをもつ人も多いためはずれの景品を用意することもおすすめです。