二次会 景品

結婚式の二次会を企画する幹事さんにとって、頭を悩ませるのはゲーム大会の内容とそこで出される景品ではないでしょうか。結婚式の二次会は食事内容やお酒と比較して会費が高く設定されていることが多いため、景品を目当てで参加するという方も少なくありません。景品の満足度が二次会の満足度に直結すると言っても過言ではないため、何を選ぶかはとても重要です。二次会の景品選びをする際にはポイントがいくつかあります。そのポイントをしっかり押さえておかなければ、場が白けてしまい、参加者に負担を強いてしまうことにもなりかねません。二次会は新郎新婦の友人や気の置けない仲間などが集まって楽しくお祝いをする会ですので、幹事さんはその場をしっかり盛り立てられるような景品選びをしていきたいものです。

二次会の景品を選ぶ時のポイント

二次会の景品で一番盛り上がるのは、大賞に何が用意されているか、です。この景品が大して心惹かれるものではないと、場の雰囲気が白けてしまいます。幹事さんがそのつもりはなくても、一人でも多くの人に賞品が当たるようにと景品を選んだとしても、目玉になるような欲しいものが無かった場合、残念な雰囲気になってしまいます。多くの方にいきわたるというのも大切ですが、みんなが欲しいと思えるような目玉商品を必ず入れましょう。二次会の参加者は新郎新婦の友達がほとんどですので同世代が集まりますが、男女も趣味や職場なども違います。みんながもらって嬉しいもの、少なくとも使える、最悪でも換金可能というものを選びましょう。持ち帰りに困る大きいものは目録で渡して後日自宅に郵送するなどの配慮が必要です。

二次会の景品のおすすめの選び方

二次会の景品を選ぶ時には、みんなが買うようなものを選んでしまうと、当たった人が持っているということが起こりかねません。そのため、欲しいけれど自分では買わないもの、物の割に値段が高いものを選ぶと、金額の割に満足度が高いものになります。二次会の景品は、価格帯毎に選んでいかなくてはならないため、面倒だと考える幹事さんもいるかもしれません。そんな場合は、景品業者を利用するというのも1つの方法です。景品業者を利用するメリットとしては、自分で1点1点セレクトも可能ですし、ゲストに選んでもらう方法やお任せの方法など、選ぶことができます。持ち運びがしやすい目録もついていたり、パネル付きだったり、送料無料などさまざまなサービスがありますので、一度検討してみてはいかがでしょうか。