趣味や禁煙としての電子タバコVAPE

VAPEは海外での呼び名で、日本では電子タバコと言っています。タバコの葉を燃焼させるのではなく、フレーバーリキッドという香料入りの液体を熱して、気化させて吸いこみます。蒸気が肺に吸収されずに排出するので、実際にタバコを吸っているような白い煙が出ます。なので、周りの人から見ると、普通のタバコを吸っているように見えてしまいます。普通のタバコだと副流煙によって部屋の壁が汚れたりしますが、電子タバコの煙は基本的に蒸気なので、そういった心配がありません。また、日本ではニコチン入りの電子タバコの販売を禁止しているので、ヘビースモーカーの方も安心して使用することができます。普通のタバコと違い電子タバコは、その構成上、自由に形を決めることができるので、さまざまなデザインの物があります。タバコの代用品や禁煙の補助用品としてだけでなくファッションなどの趣味として使われることが多くなっています。

禁煙ブームに電子タバコのVAPE

タバコの金額高騰や喫煙スペースの縮小により禁煙をする人が多くなったことで禁煙ブームになっています。禁煙には様々な方法がありますが手軽に始めれる方法として電子タバコの使用者が多くなっています。電子タバコの中でも特に人気が高く知名度も高い種類にVAPEがあります。価格は5000円から10000円程度で購入することが出来ます。その後はリキッドと呼ばれる香りの液体を購入するだけなのでタバコよりも圧倒的にコストダウンすることができます。リキッドには様々な種類がありタバコ、ミント、果物などの香り味のものなどがあり好みに合わせて使い分けできることも便利です。VAPEは無害ですので禁煙スペースでも吸うことができますが勘違いされることも考えられるので注意が必要です。未成年でと使用することが出来ますが販売店はトラブル防止の為に販売してくれない場合もあります。

VAPEで禁煙できた方は大勢います。

VAPE (電子系タバコ)で禁煙できた方は大勢います。そのため世界各地で電子系タバコは売れており、これからも需要が高まります。電子でも健康面が心配になりますが、通常のタバコよりは安全と言われています。それに手入れ(充電・リキッド補充など)も簡単で、余計な手数が掛かりません。もちろんライターを使用しないので、火災は起きないです。吸い殻・ゴミも出ないため、好きな場所(森・車内など)で堂々と吸えます。タバコが恋しくなった場合は、タバコ味のリキッドを購入しましょう。高級なタバコの味・香りを再現しているので、最高と好評です。大手メーカーのタバコ味は味が濃く、数種類のフレーバーがブレンドされています。そして洗練されたデザインのVAPEも数多く出回っています。そのためコレクターに目覚める方も少なくはありません。