VAPEを禁煙補助用品として考える

VAPEとはタバコの葉を使わず、火も使わない電子タバコです。海外ではVAPE (ベイプ)と呼ばれていますが、日本では電子タバコと言われています。構成としては、アトマイザーとリキッドカートリッジ、それに充電式の電池です。香味が含まれているリキッドカートリッジを電池により加熱してアトマイザーにより気化させるという方式です。別々に購入してアレンジを楽しむこともできますし、一式がそろっているスターターキットを使って、すぐに電子タバコを吸うこともできます。重要なのはニコチンが含まれていないということです。タバコをやめたくてもやめることができないヘビースモーカーの方は電子タバコを代用として使うことにより、結果として普通のタバコを減らすことができます。電子タバコそのものには禁煙効果のある成分は含まれていませんが、禁煙していて口がさびしいときに電子タバコで気を紛らわすことができるので、禁煙を補助する効果があると言えるでしょう。

禁煙の考えている人のためのVAPE

今の社会で、タバコが好きな方は肩身が狭いことでしょう。町では禁煙の区域があるし、会社では喫煙禁止が広まっています。タバコを吸えるとしても、指定された限られたスペースで吸わなければなりません。家に帰っても子どもがいれば有害な副流煙が心配で、奥さんから、ベランダに追い出されてしまうでしょう。いわゆる、ホタル族というやつです。それにタバコの煙によって部屋の壁が汚れてしまい、掃除が大変です。さらに、健康診断の時に血圧が高ければ、医者からタバコをやめなさいと勧告されてしまうでしょう。そんなヘビースモーカーの方に、VAPEをお勧めします。VAPEは電子タバコという物で、火を使わないタバコです。香料入りのリキッドをバッテリーで加熱し、気化した蒸気を吸いこむという物で、日本ではニコチン入りの電子タバコは販売されていないので、ニコチン依存症の方にもお勧めすることができます普通のタバコよりも少し大きな形をしていて、最近はデザイン性を強調したものが売れています。禁煙を考えている方は、ぜひ試してみる価値があります。

VAPEの禁煙補助用品としての使い方

VAPEは電子タバコです。電子タバコとは、タバコの葉を使わず火も使わない安全なタバコです。普通のタバコよりも少し大きな形をしていて、形状もタバコを意識して、それと似たようなデザインになっています。ヘビースモーカーの方は健康のことを考えてタバコをやめようと考えているでしょう。ニチコン依存症は身体的と精神的に依存する症状なので、タバコをやめるのは強い意志が必要です。禁煙の方法には、禁煙パイポや禁煙ガム、ニコチンパッチ、インターネット禁煙マラソンというメールでのやり取りによる禁煙指導など多くの方法がありますが、禁煙しようと思って一時的にタバコをやめても挫折して、つい吸ってしまうことがあるでしょう。VAPEはニコチンを含んでいない疑似的な喫煙用具です。海外ではニコチンの入ったリキッドが販売されていますが、日本では薬事法によって売ることを禁止しています。タバコを吸いたいときに電子タバコを吸うことによって気を紛らわせることができ、禁煙の補助として有効となります。